化粧品のoem製造を小ロットで依頼するときの手順の解説

オリジナルの化粧品を作りたいなら、oem製造を利用しましょう。oemとは依頼者側のブランドで物を作ることを指します。化粧品の専門知識が全くない場合でも、メーカーのノウハウを利用して自分のオリジナル化粧品を作ることが出来るのです。メーカーによって最低製造個数の基準やサポート態勢は違いがありますが、大抵のメーカーは100個程度の小ロットからも対応してくれます。そのため大量に在庫を抱える心配もないので安心です。しかも出来た商品の責任はメーカーが負ってくれるのもメリットです。パッケージデザインは対応していないところもあります。自分自身になんの専門知識がなくても、プロのサポートによってアドバイスやサポートをしてもらえます。納得のいくサンプルができればそこで初めて契約となり生産に入ります。

まずは小ロットの商品を作ってみよう

オリジナルの化粧品のアイデアが浮かんだら、そのアイデアをカタチにしましょう。oem製造で最も大切なのは、メーカー選びと言われています。メーカーを選んだら、まずはミーティングが行われます。どのような商品にしたいのかコンセプトや、ターゲット層、販売の方法などを洗い出し決定していきます。その案に基づきメーカーがノウハウを生かしたサンプルの製作に入ります。納得のいくまで内容物を作り直し、okとなったら次はパッケージ製作です。内容物との相性もあるため細心のチェックが行われます。パッケージデザインの提案をしてもらえることもあります。全ての仕様が決まったら本契約となり、メーカーは薬事法に基づく申請などの事務手続きを進めます。商品が完成したら納品となります。アイデアは良くても売れないもあるのが商売です。万が一売れなくても最小限の被害で済むよう、まずは小ロットの製作から始めてみましょう。

oem製造のメリットとデメリットとは?

専門知識が無くても自分の夢をカタチにできることが最大のメリットですが、資金が少なくても始められることも魅力です。しかも商品の責任はメーカーが取ってくれるのも大きいです。万が一在庫を抱えても少なくて済むので改良を加えてやり直すことも出来ます。しかし、製造に関して自分自身にノウハウが残らないのはデメリットと言えるかもしれません。最もよくある失敗はメーカーの選び方を間違ってしまう事です。大手の会社に依頼するのはハードルが高いので、メーカーを選ぶ時は実績を調べるなど事前に十分調査しましょう。自分で製造の工程を管理にしにくいため、流行に乗った販売のチャンスを逸してしまうこともあります。メーカーと出来るだけ綿密な連絡を取り合い、自分のコンセプトに寄り添った提案をしてくれるような信頼できるメーカーを選びたいものです。

美容院や化粧品メーカーを中心にこだわりのオーダーメイドを提案中! 名刺やメンバーズカード、ショップカードもお得に作れますのでご相談下さい。 化粧品に関する専門知識が豊富な製造メーカーにお任せできます。 シャンプーの発注は50L、?100,000~のご注文となっています。 フルオーダー商品の作製を得意としている信頼ある企業です。 化粧品omeは小ロット製造が可能です