ホワイトセージを生かすおすすめルール

ホワイトセージにはスピリチュアルな力があり、物や人を清める力があると信じられているため、香りや煙を用いて浄化に使われます。ホワイトセージはセージの仲間で、強い香りがあります。乾燥させると香りはさらに強くなります。食用には乾燥させたものと生の状態のもののどちらも使用しますが、浄化する場合には乾燥させたホワイトセージを使用します。乾燥させた物に火をつけて、煙を浄化に使い、一般的には、空間、人、パワーストーンの浄化に使用します。ネイティブアメリカンは神聖な儀式をするときに、浄化する目的でホワイトセージを使ってきました。スピリチュアルな力があると信じられているのです。お料理に使う場合は、肉料理の臭み消しにしたり、スープやサラダに加えるという使い方です。乾燥させたものでお茶を楽しんだりもできます。

お香や消毒液としても使えるホワイトセージ

乾燥されたホワイトセージは煙を立ててお香として楽しむことができます。お香の炊き方は簡単なので誰でも手軽に香りを楽しめます。お香を炊くことで空間の浄化にもなりますし、リラックス効果も得ることができます。その他ホワイトセージに含まれている成分に強い殺菌作用があるので、除菌スプレーとして使う方法もあります。ホワイトセージを無水エタノールという液体に漬けてエキスを抽出し、抽出したエキスに精製水を加え濃度を調節して使うのです。部屋を除菌したり、カビ予防にも効果的です。さらにスピリチュアルな力があるホワイトセージの煙でパワーストーンの浄化にも使用します、パワーストーンの浄化とは、ストーンが持つ本来のエネルギー発揮するために、一度リセットすることです。身に着けているパワーストーンは日に日に力が弱まりますが、定期的な浄化で力を維持できるのです。

ホワイトセージをうまく育てるコツ

乾燥したホワイトセージはネットで簡単に購入することが可能ですが、自分で育てることも可能です。ホワイトセージは湿度が苦手な植物なので、風通しの良い場所で育てます。剪定もまめにして風通しが良い状態をキープしましょう。湿度や風通しに注意が必要な植物なので、土に直接植えるよりも鉢植えに向いています。季節によって置き場所を変える工夫が必要です。自宅でハーブや観葉植物を育てるのと同じで、色々なことに使用できるホワイトセージを鉢植えで育てるのは空間の澱みを取り除き、浄化作用があるといわれています。部屋の浄化をすることで邪気や澱みを取り去り、よりさわやかな空間で過ごすことができます。部屋の浄化をすると運気の流れが変わるそうです。なんとなく気分が落ち込みやすいと感じる時は、念入りな掃除と部屋の浄化をして新しい運気を取り込んでみてはいかがでしょうか。