小ロットで化粧品のoem製造するときの注意点

化粧品の製造に当たって自前の工場ではなくメーカーに委託してオリジナル品を製造してもらうことをOEM(original equipment manufacturer)と言い、ブランド大手の会社でも多く利用されている手法です。プライベートブランドの化粧品を作ろうとする際に、自社工場を持つための投資や手間というリスク回避ができ、化粧品製造許可の責任はメーカーが負うことによって、自身は企画や販売に専念することができるなどのメリットがあります。近年では個人取引できるメーカーも増え利用しやすくなりました。手軽にプライベートブランドを立ち上げるという夢を叶えるための大変心強い味方、小ロットから製造可能な化粧品のoem製造に関して分かりやすく紹介します 。

小ロットでもプライベートブランドができる!

oem製造による小ロット展開のメリットは、少ない資本で始められることや在庫を多く抱えずに済むことなどのコスト面につきます。また製造を専門メーカーに委託することで安全性に配慮しつつ高品質でスピーディーな開発を行えることも魅力です。ただし、プライベートブランドの製品を作ろうと考えてoemメーカーを探す前に、まずどういった種類のアイテムが幾つ必要なのか、独自性はどうやって出すのかということをきちんと考えておきましょう。大体の方向性はあるけれども細かい点をどうすれば分からない場合では、企画会社やプラニングを請け負ってくれるメーカーに相談することが必要となります。製造会社によって得意な製品やノウハウ、アフターフォローの有無などはそれぞれ違うので、アイテムに合わせたメーカーを選択することも大切です。

販売に当たって注意する点について

プレゼントなど個人的な用途ではなくビジネス展開を考えるならば、トータルな企画および流通販路をしっかりと決めておきましょう。小ロットと言っても、せっかく作ったものが売れなければ意味がありません。特に大事なことは、なぜプライベートブランドのアイテムを作るに至ったか、数あるアイテムのなかでその商品の独自性はどこにあり、ターゲットはどのような層なのかという点を明確にしておくことです。また、oem製造なら原料の成分表示や製造業者についての記載はクリアできますが、美白や素肌の若返り効果を目的とする製品では医薬部外品としての申請も必要になるので、審査が下りるまで半年以上の期間がかかります。プライベートブランドの立ち上げに際しては、新規性やオリジナルの処方や原料の配合、使い心地や、パッケージデザインなど、納得のいく製品を作る時間を十分に見込んでおきましょう。