小ロットで化粧品のoem製造をするとはどういったことかを解説

現在、化粧品は日々次々と新商品が発売されていて、あれこれ迷われる方が多いのではないでしょうか。それにしても、いくらニーズがあるからと言って、そんなに次々と新商品を開発出来るものなのでしょうか。また、それまで業界で聞いた事もない会社が新しい商品を出すなどしていますが、簡単に作れるものなのでしょうか。もちろん、一から作るというのは、とっても大変な事、初期投資もかなりかかりますし、各種の検査、試験も受けなければなりません。それにも関わらず次々と新しい商品が生まれて来るのには、業界の仕組みがあります。それがoemです。簡単に言うと、既存のメーカーが他社のために自社の名前を隠して製造する事です。これまで食品や雑貨などで広がっていた製造方法が化粧品にも広がっています。

oemの基本的な仕組みについて

この仕組みは、大手スーパーが日用雑貨や食料品について始めたPBという方法です。メーカーからすると、自社のブランド名で製造販売した方が高く売れますし、知名度も活かせるのですから、わざわざPBのoemを行う理由はないように思われます。実際、この方法を推し進める際には様々な軋轢があったようです。しかし、実はメーカー側にも利点はあるのです。まず、自社ブランドと大きく違うところは、取引先に対して売り込みが必要ない事です。自社ブランドであれば当然ながら他社製品と競合という事になり、競争に負ければ売り場の縮小、あるいは撤去という事にもなりかねません。その点、小売店のためのPB商品であれば全量買い取りになりますから確定数量も把握しやすく、ある意味、安定的な取引であるのです。

化粧品の小ロット生産の可能性とは

化粧品においても同様の事が言えます。さらに重要なのは、季節に影響される商品などはラインの稼働率に変動が出てしまうという事です。常にフル稼働であるのが理想ですが、現実はそうは行きません。どうしても稼働率が落ちるタイミングがあり、ラインが止まると利益につながりません。たとえ薄利であっても、小ロットの商品を小休止の合間にセッティング出来れば、ラインとしての稼働率が上がり、生産性が向上するのです。特にoem品であれば、レシピはそのままにパッケージだけ変更すればよい場合もあります。こうなれば、たとえ小ロットであってもラインの組み換えも最終段階の包装の一部だけになり、比較的容易に変更可能な部分ですので、顧客の要求にも応えやすいのです。このような事情があって、小ロット生産は受け入れられているのです。